「DK」って?

引越し先を選ぶ際によく目にする「DK」の文字。
この「DK」って、何なのでしょうか。
◆物件に記載されている「DK」の意味
「DK」というのは、「ダイニング・キッチン」のこと。
間取りの分類として登場する時には、だいたい「2DK」なんて形で書かれていて、この場合には「ダイニング+キッチン+2部屋」という意味になります。
間取り図に「DK」と書かれている場合には、「ダイニングとキッチンが同じ空間にある」ことを指していて、最近では対面式のキッチンが多いですね。
「D」は「Dining」、「K」は「Kitchen」の頭文字だと覚えておきましょう。
◆「DK」もリビングになりえる
近年は昔とは違い、ダイニングとリビングの境目は、あまりわからなくなってきています。
そこで、ダイニングテーブルを置いても、まだ十分な広さが確保できるものは「リビング・ダイニング・キッチン」と呼び、ダイニングテーブルで埋まってしまう程度の広さならば、「ダイニング・キッチン」と呼んでいます。
そのため、分類としては「DK」となっていても、ダイニングテーブルを置かないことにして、昔ながらの座卓(こたつ)での食事にしたりすれば、十分にリビングとして機能するような物件も少なくありません。
新しい物件ほど、「DK」と「LDK」の差異は減少してきているので、あまりこだわらずに探してみるのもおすすめですよ。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る