「K」って?

引越し先を選ぶ際によく目にする「K」の文字。
この「K」って、何なのでしょうか。
◆物件に記載されている「K」の意味
「K」というのは、「キッチン」のこと。
間取りの分類に単独で登場する場合には「1K」などのように数字が付き、これは「キッチン+1部屋」。
見取り図などには、しばしば「K」単独でも記載されています。
「K」は「Kitchen」のKだと覚えておきましょう。
◆キッチンが独立しているかどうかは重要なポイント
引越し先を決める際には、キッチンは比較的重要なポイントです。
単身者で、あまり料理なんてしない…というのであれば、あまり気にすることはありませんが、よく料理をする人や、家で揚げ物もしたい人、新婚さん、家族で住む場合などは、この「K」がどこにどのような形であるのかが非常に重要です。
そのため、間取りの分類も、キッチンと他の部屋との関係で分類されていて、キッチンが独立しているのなら「K」、ワンルームで部屋とキッチンが区別されていない場合には「R」、キッチンとダイニングが併設されていれば「DK」、さらにリビングも続いていれば「LDK」となるわけです。
◆人気はやっぱりシステムキッチン
近年人気のキッチンは、やはり高機能のシステムキッチンです。
特に家族での引越しでは、対面式のキッチンを選びたいという人が増えていますね。
来客の多い方なら、アイランド型のキッチンも人気。
ただし、一般に高価になりやすいので物件数は多くありません。

ピックアップ記事

Puppet with e-mail symbol and handset. Isolated over white

2016.3.25

ならば、固定インターネット回線は要る?要らない?

先日、今更ながらではありますが、固定電話は要る? 要らない?という事で、固定電話の設置に関するアンケート結果をご照会しました。そして、それに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る