「LDK」って?

引越し先を選ぶ際によく目にする「LDK」の文字。
この「LDK」って、何なのでしょうか。
◆物件に記載されている「LDK」の意味
「LDK」というのは、「リビング・ダイニング・キッチン」のこと。
間取りの分類として登場する時には、だいたい「2LDK」なんて形で書かれていて、この場合には「リビング+ダイニング+キッチン+2部屋」という意味になります。
間取り図に「LDK」と書かれている場合には、「リビングとダイニングとキッチンが同じ空間にある」ことを指していて、最近では対面式のキッチンが多いですね。
LDKの物件では、リビング?キッチンが15畳以上の広い空間がつながっていることが多いですが、古い物件の場合には、それぞれが別の部屋に区切られていることもしばしばあります。
「L」は「Living」、「D」は「Dining」、「K」は「Kitchen」の頭文字だと覚えておきましょう。
◆家族向けの「LDK」
LDKは、料理を作るキッチンと、料理を食べるダイニング、そして、家族がつどうリビングが備わっている物件です。
部屋数も2部屋以上あるのが普通で、単身者ではなく、家族で住むのに向いています。
ゆったり家族で生活したい場合には、2LDK以上の物件を探すと良いでしょう。
間取りは近年多様化しているので、DKの物件もあわせて探してみると、意外とお手頃な物件が見つかることもありますよ。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る