これぞ驚きの最強の暖房器具

最近は、夏は猛暑、冬は極寒という事で、1人暮らしでも冷暖房費が結構嵩むとおっしゃる方は少なくありません。
かと言って、余りにも節約しすぎて、熱中症になったり、風邪を引いてしまったら、逆に厄介な事になり、余計な出費となってしまいます。
その上、ダウンして、仕事やバイトを休んでいては、上下損という事で、そこは変に我慢せず、素直にエアコンを使うのが利口というものでしょう。

とは言え、夏場はそれしか方法がないので致し方ないとしても、冬場はあれこれ暖を取る手段があります。
しかも、人によっては、エアコンは安全で便利だけど、今イチ暖かくないと思っておられる方も少なくないものと思われますね。

実際、エアコンというのは対流式と呼ばれる暖房器具で、部屋全体を暖めるのには適していますが、壁や床の音頭が極端に上がる訳でなく、体感温度はさほどでもないという部分が否めません。
そのため、特に冷え性の女性や高齢者には、物足りないというのが本音でしょう。

そこでお勧めしたいのが、電気毛布のフル活用です。
電気毛布と言うと、夜寝る時に使うものというイメージが強いかも知れませんが、勿論、いつ、どこで使っても構わない訳で、とにかくコスパの良さは、数ある暖房器具の中でも、天下一品だと言っても過言ではありません。
その値段、最高温度で一時間使っても、1円に満たず、一日20時間の使用で20円!
それを1ヶ月継続したところで、たったの600円ほどなのです。
しかも、これは毎日朝から晩まで高温で使用した場合のマックスとも言える価格であって、実際には、精々10時間も使えばいいところ!
それも、ずっと高温のままでは暑いですから、途中で温度を下げます。
結果、一日の平均的な電気代は3円程度だと見られるのです。

これがホットカーペットに変わると、一気に消費電力は10倍近くにも跳ね上がり、当然、電気代も10倍に跳ね上がります。
となると、特に1人暮らしなら、絶対安くて暖かいのが電気毛布!
それこそ、寝ても起きても、これに限ります。

近頃は、掛け敷料用タイプの電気毛布が主流ですから、テレビを見る時は掛け毛布として使い、夜寝る時は敷き毛布に早変わりという使用法はとっても便利!
また、面倒だと思えば、2枚持ちというのも大いにありでしょう。
何しろ、今や電気毛布は、シングルサイズなら1,000円代で購入出来ます。
正しく驚きの最強の暖房器具ですね。
そう、1人暮らしでこの最強の暖房を使わない手はないのです。

ピックアップ記事

■意図的に残像を残してあります。

2016.2.29

ウィークリーマンションって得なの?5つのメリット

2月頭に逮捕された清原和博容疑者の話題はまだまだ収まる事を知りません。2月27日、アサ芸プラスでは清原和博容疑者の次に逮捕される「大物」まで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る