ねじも使われています

軽量鉄骨は独特の工法だから従来のものとは訳が違う。
これは決して間違いではないのですが、それが少々誇張されており、それこそ「軽量鉄骨はねじすら使われていない」と思っている人も多いようですが、実際にはそのような事はありません。
ねじも使われています。
軽量鉄骨は何が特徴なのかと言えば、従来の鉄骨よりも軽量である点です。
そのため、従来の工法では出来ないとされていたような事まで行えるようになったりですとか、何かと面白いものなのですが、軽量鉄骨は決して「まったく異なる」というほどのものではありません。
ですので、少々誇張されてしまっている部分もあるのですが、それでもやはりメリットは多々あります。
先にもお話ししたように、それまでの工法では強度の問題でどうしても出来なかったようなアイディアも、軽量鉄骨だからこそ可能というケースもあります。
むしろそのような事も珍しくなかったりしますので、近年では軽量鉄骨の人気はとても高まっています。
デザイナーズ物件がここまで賑わいを見せているのも、軽量鉄骨の技術があればこそとさえ言われているほどですから。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る