エアコンの節約は年間通して

imasia_12836291_M

1人暮らしの方の中には、電気代を節約すべく、エアコンの使用をとことん抑えておられる方も少なくないだろうと思います。
確かに、エアコンは最も消費電力の高い家電ですから、それを使うのと使わないのとでは、光熱費に大きな差が出るのは間違いありません。

しかし、今の地球環境、特に日本の気象条件を見ると、時に、このエアコンを使わない事が自殺行為にもなりかねませんから、節約志向もほどほどにする事もまた大切なのではないでしょうか。
しかも、エアコンというのは、冷房も暖房もドライも、全て消費電力が同じという訳ではありません。
真夏に熱中症と闘いながらエアコンの使用を我慢したところで、思ったほどの節電節約にならなかったりなんかもするのです。
何故なら、夏場に使用する冷房やドライは、冬場に使用する暖房の3分の1程度の電力消費量だからです。

ですが、冬場の防寒については、衣類や寝具などでもかなり調整が利きます。
そこで、なるべく最低限の暖房に徹する事も悪くはありません。
逆に言えば、冬場に目一杯節約すれば、夏はそこそこ冷房やドライを使っても、年間を等したトータルの電気代は大差がないという事になるのです。

しかも、夏の暑さは、自力で調整すると言っても、その限界があって、余分な脂肪まで脱ぎ捨てられれば嬉しいのですが、中々そうもいきません。
裸になっても、暑いものは暑く、それを我慢しすぎると、熱中症で倒れてしまう可能性もありますので、一過性の節約を考えるのではなく、年間トータルでの電気代を考えて、上手にエアコンを使うようにしましょう。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る