ダウン率について

「羽毛布団」と「羽根布団」この2つのどこが違うか、ご存知でしょうか。

この違いは「ダウン率」です。

そもそもダウンとは、水鳥もしくはアヒルの胸から腹部にあたる綿毛の事で、とても柔らかく暖かい事で知られています。

ちなみに、掛け布団に含まれるダウンが50%以上のものを「羽毛布団」、そして50%未満のものを「羽根布団」と読んでいます。

ダウン率が低いと、その分、羊毛や綿などを使う事になるため重さが増し、ダウン率の高い羽毛布団ほど、軽くて暖かいダウンだけで構成されているため、値段が張るそうです。

一般的な羽毛布団では、約80%以上のダウンが使われており、高品質と言われる羽毛布団には90%以上のダウンが使われているそうです。

最高品質のダウンは人の手で、徹底的なダウンの選別が行われているそうです。

しかし、このダウン率だけで羽毛布団の暖かさを推し量る事は出来ません。

と言うのは、ダウンの質によっては、少量でもボリュームが有り、逆にダウンの質が悪いため、ダウン率を上げないと暖かくない羽毛布団もあるそうです。

羽毛布団を選ぶなら「羽毛布団のダウン率」をポイントにするのが良いでしょう。

ピックアップ記事

pixta_3371154_M

2016.1.5

新居探しのベストは1月、正しく今です!

2016年も、早、松が明けようとしています。今年からは社会人1年生とか、大学1年生という事で、新生活に向けての夢と希望に満ちあふれた年始めの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る