ダブルフェイス構造とは

羽毛布団の中にはダブルフェイス構造と呼ばれているものがあります。
これはどのような構造なのかと言えば、2層構造となっているものです。
デッドデアゾーンを設ける事により、体への密着度、さらにはキルティング部分からの暖気流出を阻止する役割を果たしてくれるのです。
そのため、ダブルフェイスの羽毛布団は人気が高まっています。
質の高いものというよりも、特殊技法といった方が良いでしょう。
ですのでダブルフェイスの羽毛布団もまた、質が様々と言う事になります。
グースなのかダックなのか。
フェザーなのかダウンなのか。
これによって羽毛布団の質は変わってきますので、ダブルフェイスの羽毛布団というだけで選ぶのではなく、ではそのダブルフェイスの羽毛布団はどのような物が用いられているのか。
ここまでチェックする事が求められるのです。ダブルフェイスは素晴らしい技術ではありますが、羽毛布団で大切な点はやはりどのような素材が用いられているのか。
この点に尽きますので、「ダブルフェイス」という点以外の部分もしっかりとチェックしなければならないでしょう。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る