デメリットは?

軽量鉄骨は最近の不動産業界で非常に大きな注目を集めている施工方法ですが、そんな軽量鉄骨は、やはりどうしてもデメリットが生じてしまうものでもあります。
特に一番のデメリットは耐火機能でしょうね。
軽量鉄骨は火に強いと誤解されているのですが、実は軽量鉄骨は火に弱いのです。
というのも、もう少し説明が必要で、温度が低い火には強いのですが、550度以上の火には急激に弱くなるものなのですね。
550度を越える火に接してしまうと、軽量鉄骨の強度が極端に落ちてしまうのです。
ですから、実は高温の火に対して弱いというデメリットがあるものでもあるのです。

しかし、550度以上の火に接する。
それは大火災と言える状況でもありますので、通常の火、特に生活範囲の中での火に対してはなんら問題のないレベルにあるという事は断言出来ますので、軽量鉄骨のデメリットというのは、普段の生活の中ではそれほど意識するような事ではないでしょうね。
又、デメリット以上に素晴らしい特徴を供えていますので、軽量鉄骨を考えている人が、翻意するほど大きなデメリットというものではないのではないでしょうか。
そもそも550度以上の火は、人間も耐えられないでしょうから。

ピックアップ記事

pixta_18364744_M

2016.1.30

ちょっと危険かも知れない不動産やさんの口説き文句5つ!

移転にせよ、独立にせよ、引っ越しのだ一歩は物件探し! 所謂部屋探しです。という事で、春からの新生活に向け、そろそろ新居探しを始められる方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る