ネット環境不要の時代到来

imasia_6041133_M

一人暮らしの絶対条件として、1980年代から1990年代前半に掛けて上げられていたのが、固定電話の引ける部屋でした。
これは、家族や友人がいつでも自由に連絡が取れて、安心且つ便利だからです。

それが世紀末を迎える頃になると、いや、固定電話だけじゃ駄目、インターネットも使えなくっちゃ!
という事で、ネット環境を構築する人が増えて来たのですが、当初はまだ、ADSLという形で、既存の固定電話回線にネット環境を組み込むという形が主流でしたよね。

ところがところが、新世紀に突入すると、世の中には携帯電話がすっかり定着し、固定電話なんて一人暮らしには無用だという新たな考えが根付いてしまったのです。
そこで回線事業者も光回線という新たなネットワーク環境を確立し、電話を引かなくても、インターネットのみが使用出来るというプランを打ち出しました。
そして、今、21世紀も10年一昔といわれるだけの時の流れを経て、そのインターネット回線も不要という現実が実現されたのであります。

例えば、一人暮らしで、自宅には自分の使うパソコン1台しかない!
にも関わらず、子どもがいて、2台・3台ものパソコンを使いまくっているご家庭とおなじだけの回線利用料を払うのはもったいないというより、バカバカしい話じゃないですか。
しかも、最近は屋外でもインターネットが使える環境が充実していますから、必ずしも自宅でのみパソコンを使う訳じゃないという方も多い事でしょう。

そこで、そういう方に是非お勧めしたいのが、手持ちのスマフォや携帯電話をモデム代わりにネットが使えるモバイルデザリングやWi-FiWiMAXなどのWi-Fi契約です。
これなら、家にいる時は勿論、屋外でもパソコンやタブレット端末、それにゲーム機などのインターネット通信が自由に使えてとっても便利!!
利用料金も月々3,000円ほどですから、非常にお得です。
そして何より、初期工事が不要で、当然、その時間と費用も考える必要がないという一人暮らしを始めるに当たっては、大きな大きなメリットがあるんですねぇ。
即ち、時代はもはや、自宅には電話環境もネット環境も不要というところに達してしまったのであります。

ピックアップ記事

pixta_8054538_M

2016.3.18

今更ながらではありますが、固定電話は要る? 要らない?

春から新社会人1年生とか、大学1年生という方は、まずは何はともあれ、おめでとうございます。新生活を待望の一人暮らしというスタイルで始められる…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る