ヒートポンプ技術

近年のエコキュートには、「ヒートポンプ技術」が導入される傾向にあります。
ヒートポンプ技術は、エコキュートの使用電力を大幅に削減し、家計にも地球にもやさしい給湯を実現しています。
◆ヒートポンプ技術って?ヒートポンプ技術とは、簡単にいえば大気熱利用システム。
実はエアコンにも用いられている技術で、空気中の熱を利用して、冷やしたり暖めたりすることができるシステムです。
エコキュートにおけるヒートポンプは、空気中の熱を吸収して、お湯を沸かす役割を担っています。
なんとその効率は、外気温マイナス10度から90度のお湯を沸かせるほど。
つまり、空気の温かさを利用しているわけではないのです。
このヒートポンプを用いると、通常電気でお湯を沸かすのに比べ、だいたい5分の1くらいの消費電力で済むと言われます。
◆どのくらいオトク?家庭の電力消費の約3分の1が給湯だ、なんて試算もあるほど、私たちの暮らしにはお湯を使っています。
単純に計算すると、月1万円の電気代の約1/3の3千円が1/5になれば、7,600円になる計算です。
実際には、各戸の電気使用状況やエコキュートの性能などにより大きく異なりますが、オトクですね。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る