プレハブについて

プレハブ(pre-fabrication)と聞くと簡易小屋?をイメージしますが、その本意は工場にて部品を作り、建築現場では組み立てるだけ!ということであり、工期は短く、簡単にできる?という特徴はありますが、必ずしも仮小屋ということではありません。
昨今ではテレビCMでも著名な住宅メーカーがプレハブを扱っていることもあり、事務所や工事現場などのみならず、一般家屋でもプレハブ住宅が普及しています。
ちなみにプレハブの素材として木材もありますが、軽量鉄骨などの鋼材を利用したプレハブも少なくありません。
軽量鉄骨のメリットは加工しやすい、軽いなどであり、現場ではボルト留めだけ!ということもあり、熟練工を必要とせず、誰でも手軽に?かつ短期間に仕上がる点は、軽量鉄骨とプレハブを組み合わせた際の最大のメリットになります。
なお熟練工がいらない?ということはデメリットのように思われますが、変な下請け業者?であってもできるものは確実!そして何よりも人件費の節約は重要です。
さらに軽量鉄骨の耐久性も近年増強されており、耐震住宅、耐火住宅などを考えた場合には、軽量鉄骨を使ったプレハブ住宅が選択肢のひとつとして欠かせない存在になっています。

ピックアップ記事

pixta_18364744_M

2016.1.30

ちょっと危険かも知れない不動産やさんの口説き文句5つ!

移転にせよ、独立にせよ、引っ越しのだ一歩は物件探し! 所謂部屋探しです。という事で、春からの新生活に向け、そろそろ新居探しを始められる方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る