ペットについて

imasia_12913966_M

1人暮らしは何かと寂しいことも多いのでペットを飼いたい気持ちになりますが、その際にはペット飼育可の物件を選びましょう。
1人暮らしに限らず社会のルールを守ることが大切です。
またペット可の物件であっても、借りている場合は部屋を汚さないことが基本であり、トイレはちゃんと躾けましょう。
時に動物病院やトリミングに際して躾指導をしてくれることがあるので、適宜利用してみましょう。
なお1人暮らしでは日中家を空けることが多いので、その際のペットの生活に気を配ることが大切です。
昼間異常な高温にならないように部屋のカーテンを閉めていったり、エアコンを点け続けてあげることも大切です。
そしてエサや水が不足するとペットは部屋を荒らしがちなので注意しましょう。
一方で日中、飼い主がいないと無闇に吠える犬もいます。
飼い主の前ではおとなしいので信じられないかもしれませんが、近隣トラブルを防ぐ意味でも、休日などに確認してみることも1人暮らしのマナーと言えるでしょう。
逆に日中留守にするから!と1人暮らしの場合にペット飼育を諦めるケースもありますが、人間中心の生活にすることでペットに我慢を教えることになるので、案外躾に効果的なようです。

ピックアップ記事

pixta_16761705_M

2015.11.4

引越しのダンボール

普段はあまり役に立たないものの、引越しの際にその存在感を大いに発揮するものがあります。それはダンボールです。ダンボールは引越しの必需品とも言…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る