マザーグースについて

pixta_12526510_M

羽毛布団を選ぶ時には、まず羽毛の種類や産地がメインで選ばれる事が多いのですが、この羽毛の種類の中でも、よく「マザーグース」という言葉を目にします。

マザーグースとは、その名の通り、親鳥として飼育されているグースの羽根を使った羽毛布団と言う事ですが、マザーグースと普通の羽毛布団ではどんな違いが有るのでしょうか。

まず、羽毛布団に使われる羽毛の原産国としては、ハンガリーやポーランドが有名だと言われています。

特に上質の羽毛で人気があるハンガリーでは、冬場に雪が降ったり、氷点下まで急激に冷え込む事が多く、グース達に生える羽根もかなり暖かいものになっているそうです。

一般的な羽毛は、食肉用として育てられるグースから採取される事が多いのですが、卵を産む為には、体格が良く、羽毛の質がいい親鳥が選ばれ、その親鳥が産卵を終えて、自然に落ちた羽根を採取し、羽毛布団が作られているのです。

産卵を行うマザーグースは、卵を温める為に、通常よりも高い体温を必要としますから、その点でも保温性のある羽毛が取れる事が多く、マザーグースの羽毛採取まで時間と手間がかかるため、羽毛布団の中でも、高級品だと言われているそうです。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る