メリットについて

建築資材にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
近年注目されている軽量鉄骨は、その名称から耐久性に対するデメリットが指摘されがちですが、多くのメリットを有しているのも事実です。
軽量鉄骨の第一のメリットは、その特徴になっている軽さです。
そのため骨組みの重量を軽減できるので、壁材に比較的重くしっかりとしたものを利用できるというメリットがあります。
また軽量鉄骨は規格化された部材として工場で事前に作ることができ、部品を現場に運んで組み立てる工法が用いられるなど、その簡便性、そして工期が短いというメリットもあります。
さらに軽量鉄骨は薄いことから材料となる鋼材が少なくて済むというメリットから経済的なメリットも指摘されています。
マイホームを建てるとなれば資金面が心配になりがちですが、お財布に優しい点は有用です。
ちなみに軽量鉄骨は工法として筋交(すじかい)と呼ばれる対角線上に配置する補強材を使うことが多いので、耐震性に優れるというメリットも昨今話題になっている一方で、軽量鉄骨は当然のこととして木造建築にありがちなシロアリの被害に遭うことがないという点もメリットとして重要です。

ピックアップ記事

pixta_3371154_M

2016.1.5

新居探しのベストは1月、正しく今です!

2016年も、早、松が明けようとしています。今年からは社会人1年生とか、大学1年生という事で、新生活に向けての夢と希望に満ちあふれた年始めの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る