二世帯の場合

エコキュートを導入したいと考えている二世帯住宅にお住いの方もおられるかもしれません。
もちろんエコキュートは二世帯住宅であっても特に不可能ではないのですが、二世帯の場合はやはりタンクの大きさに注意すべきです。
二世帯という事は、お風呂も二つ使うでしょうから、通常のエコキュートのポンプではお湯不足に陥る可能性がとても高いです。
大人数家族の場合どうしてもその部分を気にしなければならないのがエコキュートですが、二世帯であればポンプは最大のものにすべきです。
それでも足りないと感じるのであれば、ライフスタイルそのものを見直すしかないでしょう。
お湯を無駄使いしない。
これだけでも変わってくるのですが、そのような制限が嫌だというのであれば、エコキュートではなくガスを使った方が良いかもしれません。
エコキュートには様々なメリットがありますが、メリットを上回るデメリットがあると感じるのであれば無理に使う事はありません。
特にタンクの大きさは努力等でどうにかなるものではありませんし、二世帯の場合お湯の消費量も多いでしょうからね。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る