今なら印紙代の軽減措置あり

住宅を新しく購入する際には、印紙税がかかります。
しかし印紙税はどうやって払う?
基本的に収入印紙を購入して印紙代とします。

普通の人は収入印紙に慣れていないでしょうが、高額商品を購入した時に領収書へ貼られる切手のようなものです。
役所や郵便局などで購入できます。
不動産屋から住宅購入の契約時に、収入印紙を用意してください!
言われるので必要な額を準備しましょう。

印紙税の定義は不明確ですが、売買取引や契約書を公的に保証する!
そう考えると納得できそうです。

2014年現在、住宅購入に関する軽減措置が講じられているので、印紙代は割り引かれています。
詳細は国税庁のサイトに掲載されていますが、一般的な住宅の購入時に求められる印紙代は?
契約金額が1千万円超5千万円以下が1万円!
同5千万円超1億円以下が3万円です。
印紙代は高いような気もしますが、物件の1%にも満たない?
消費税の方が莫大!
改めて住宅価格の重さを実感するでしょう。

印紙代の軽減措置は、平成30年3月31日が期限です。
その時の景気状況によって延長される可能性も否めません。
たかだか数千円の違い?
それでも他の費用を併せてみれば?
住宅を買うなら今!
そういう雰囲気があります。

ピックアップ記事

pixta_7838198_M

2016.2.14

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!

先日、 金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・! という記事の中で、住宅ローンを組んで家を買うなら、狙い目は来月2016年…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る