仕組みについてわかる

エコキュート(EcoCute)は電気を使ってお湯を作る給湯器です。
基本的なエコキュートの仕組みは、お湯を作るヒートポンプユニットとお湯を溜める貯湯ユニットから成り立っています。
その仕組みの中で、冷媒(熱媒)にフロンではなく二酸化炭素を利用している点が、環境に優しいと言われる理由のひとつです。
なお二酸化炭素は温室効果ガスですが、エコキュートでは給湯の仕組みの中で二酸化炭素を循環利用し、外に排出しないので、環境に負荷を掛けることがありません。
また熱発生には、外気の熱エネルギーを利用しているので、電気の使用量も少なくお財布にも優しいと期待される所以がここにあります。
お湯を作る仕組みは次のとおりです。
まず外気の熱エネルギーを使って、冷やされている冷媒である二酸化炭素を暖めます。
これが空気でお湯を沸かす!と言われる理由であり、外気温が高いほど熱効率は高くなります。
暖められた二酸化炭素がさらに圧縮されることにより約90度近くまで上昇し、熱された二酸化炭素が水を暖めお湯を作ります。
ちなみに、この仕組み上、エコキュートは熱いお湯を作ることは得意ですが、お風呂の適温などの中途半端な温度を作るのは苦手であり、実際に使用するためのお湯は、冷水と混ぜて温度が自動調整されることになります。
一方で暖められた二酸化炭素は圧縮が解かれて膨張し、再び温度が下がり、最初の工程に戻ります。
このようにエコキュートは、気体(二酸化炭素)が圧縮されると温度が上がり、膨張すると温度が下がるという基本的な自然の仕組みを利用した省エネ・省資源型給湯器なのです。

ピックアップ記事

pixta_16761705_M

2015.11.4

引越しのダンボール

普段はあまり役に立たないものの、引越しの際にその存在感を大いに発揮するものがあります。それはダンボールです。ダンボールは引越しの必需品とも言…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る