住宅が贈与税の対象になる時

水道光熱費が上がる!
消費税も上がる!
さらに贈与税が上がる?
それを回避する政策?として孫への教育費なら1500万円まで非課税!
実際にその制度を活用している人がたくさんいる!
やはり高齢者はお金持ち!
そこから如何にしてお金を引き出すか?
宝のありかはわかっています。

とはいえ固定資産ならどうするか?
例えば住宅を贈与する場合、これはまともに税金の対象です。

ちなみに新たに住宅を建てる時、親および祖父母などの直系親族から資金援助をしてもらった!
このケースでは2000万円以下なら贈与税の対象になりません。
ただし税金の仕組みは毎年のように変わるので、契約時に確認しておきましょう。

なお紛らわしいのが相続税と贈与税との関係です。
単純に考えれば、生きている間にもらえば贈与税!
死んでからもらうと相続税の対象になる!という捉え方です。
親と同居していた住宅で、親が死んだ?
名義変更をいつしたか?
これがポイントです。

また昨今増えているのは離婚した際の扱いです。
基本的に財産分与の形で住宅を手に入れれば、贈与税の対象外です。
それでも住宅ローンは元配偶者が支払い続けており名義変更していない?
具体的に事実を証明できる書類を準備しておきましょう。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る