住宅に関し出会う資格所有者

資格を取ろう!
そんな宣伝が多々あります。
ただし実際に使える資格は何か?
資格マニアで終わる?
趣味としては良いですが、実益のある資格を探しましょう。

例えば住宅の売買に際して出会う資格所有者?
もちろん宅地建物取引主任者や不動産仲介士の有資格者!
不動産屋なら必須でしょう。
設計図を描くなら建築士の資格がいる。
一方で住宅建築コーディネーター?
厚生労働省が認可した資格?
住宅ローンを考えるならファイナンシャルプランナーとも相談するでしょう。

なお住宅購入の契約を結ぶ時には?
司法書士が同席?
住宅登記に必要!
言われましたけど。
住宅の内部を見れば?
インテリアコーディネーター!
やはりプロの仕事は違います。
暖かい家になりそうです。

あまり資格が多いと?
本当に信用できるのか?
心配も募ります。
マンション関係なら?
マンション管理士・管理業務主任者もある。
住宅販売士?
資格と称しても国家資格なら安心?
業界団体認定の資格は、業界にとって有利なだけ?

自分が資格取得を目指せば?
その資格がどれだけ有効で重要かがわかるでしょう。
どんなことでも勉強です。
騙されることはないでしょうが、少なくとも?
知っていれば損はしない!
儲ける上で最低限の資格です。

ピックアップ記事

pixta_7026502_M

2016.2.19

今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!

以前金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!で書いた金利マイナスの時代が、ついに始動しました。となると、いよいよ住宅ローンを組…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る