住宅の性能評価基準を設ける

平成12年4月1日に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」
いわゆる品進法が施行されたようです。

そもそも住宅の品質とは何か?
同法は、新築住宅の基本構造部分における瑕疵担保責任10年を義務化する!
わかりやすい住宅性能表示制度を設ける!
そしてトラブルの迅速な解決を目指した指定住宅紛争処理機構を整備する!
これを三本柱としています。

では具体的な住宅の性能評価とは?
構造の安定、火災時の安全、劣化の軽減、維持管理・更新への配慮、温熱環境、空気環境、光・視環境、音環境、高齢者への配慮、防犯!
これら10項目に対して共通の評価基準を作り、適切な表示を目指すことです。
この仕組みによって、住宅を買う側は安心材料が増えることになります。

とはいえ誰が実際に住宅の性能評価をするのか?
こちらも気になる点です。
業界に有利では?
関連団体として一般社団法人住宅性能評価・表示協会が設立されています。
同協会のウェブサイトから近くの評価機関を検索できるようになっています。
興味のある人は、一度覗いてみましょう。

もちろん中古住宅の性能評価を受けることも可能です。
毎日のことなので、健康に暮らす意味でも、住宅の性能評価について考えておくことは重要です。

ピックアップ記事

pixta_7026502_M

2016.2.19

今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!

以前金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!で書いた金利マイナスの時代が、ついに始動しました。となると、いよいよ住宅ローンを組…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る