住宅の階段には建築基準あり

狭い敷地に無理して2階や3階の住宅を建てると?
階段が急になって疲れる?
年をとったら住めない?
階段に手すりを付けるのが大変!
家具が通らない!
多々指摘される点です。
これから住宅を検討しているのであれば?
将来のことも考えて設計すべきでしょう。

とはいえ階段は無駄なスペースでもあります。
階段に本や荷物が積まれている?
昔の古本屋状態も珍しくないでしょう。

なお普通の人は知らないでしょうが、住宅の階段に関して建築基準法があります。
例えば一般住宅では階段の段差が23センチ以下!
1段当たりの奥行き?
足を置くスペースは15センチ以上!
これは最低限確保すべし?
しかしこれを満たさない階段は?
健康な大人でも登りづらい!
梯子のような感覚になってしまうでしょう。
子どもや高齢者がいれば危険です。
もしあるならば?
早急に対処したいものです。

それでも一度作ってしまうと簡単には変えられない?
中古住宅を探す場合も慎重に!
階段は毎日使うものです。
通常は荷物を持って上り下りする!
足腰を鍛えるには便利です。
家にいるだけでエクササイズ!
そうやって頑張り通せるか?
ゆったりとした階段でも落ちて怪我をしないように滑り止めを貼る!
可能な限りの対策を施しましょう。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る