住宅の高さ制限は地域ごとに

自分の住宅なら?
どこまでも高く建てて良いのか?
いわゆる高さ制限はあるのか?
言い換えるなら?
自分の敷地なら高層ビルを作って問題ないのでしょうか?

詳しい基準は?
地域ごとに定められています。
例えば一般的な住宅地であれば?
10メートルの高さ制限がある!
つまり3階建てが限度?

では何故高さ制限をするのか?
第一に日照権があります。
具体的には?
今住んでいる住宅の南側に大きなマンションができた!
すると?
布団を干せない!
日中でも暗い!
そういう苦情が生じるためです。

日本は北半球の中緯度地帯に位置するため、真夏の太陽でも真上を通るわけではありません。
冬ならばもっと低い軌道を通過します。
それでもトラブルにならないよう?
場所に応じた住宅の高さ制限が決められているのです。

なお住宅の高さ制限は?
風通しにも関係している!
すなわちビル風!
街中を歩いていると?
急に強い風が吹いてくる?
これは入り組んだ建物があることで、空気の流れが複雑になるためです。
風は車や歩行者、そして構造物などを危険に曝します。

総合的に勘案すると?
高さ制限を重要視する意味がわかります。
自分の土地と言っても上空と地下は公共物!
そもそも地球は誰のものでもありません。

ピックアップ記事

pixta_18364744_M

2016.1.30

ちょっと危険かも知れない不動産やさんの口説き文句5つ!

移転にせよ、独立にせよ、引っ越しのだ一歩は物件探し! 所謂部屋探しです。という事で、春からの新生活に向け、そろそろ新居探しを始められる方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る