住宅を入手する際に係る税金

住宅を購入する!
譲り受けるなど入手する際には様々な税金が関係してきます。

想定外なのは消費税?
税率10%になれば、1000万円当たり100万円!
5000万円の住宅を購入すると消費税だけでプラス500万円!
もちろん不動産屋などはその辺を工夫してくれるでしょうが、驚くものです。

また持ち家になれば、毎年固定資産税が係ります。
持ち家と借家論議で、どちらがお得?
税金を緻密に計算すれば、借家に軍配が上がるかもしれません。
特に地価が高い場所で住宅を購入した場合には、この税金が厄介です。
一方で素人にわかりづらいのが印紙税!
契約書の作成に係る税金です。
通常の住宅であれば1?2万円になります。

さらに登録免許税?
土地や建物の登記に係る税金です。
軽減税率などを上手く活用できれば、総額の0.3%程度です。
1000万円なら3万円?の感覚です。

まだまだあります不動産取得税!
その名の通りの税金ですが、固定資産評価額に対して4%が税金として係ります。

住宅に税金をかけすぎ!
しかし見方を変えれば、住宅を買えるのはお金持ち!
お金持ちに税金を払ってもらう!
一種の累進課税です。
税金を皆で「平等に」負担する!
この趣旨に賛同できるなら、今すぐ住宅を購入しましょう。

ピックアップ記事

ac2abce4f4c8381eba993937c2db82a0_s

2016.5.4

GWは家でゴロゴロしながら家の事を考えよう!

ゴールデンウィークも残り少なくなり、相も変わらず家でゴロゴロ! こんな事でいいのだろうか?っとお思いの方もおられるかと思いますが、それでいい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る