住宅を売るなら相場を調べる

住宅を売る理由は様々でしょう。
子どもが巣立ったから大きな家はいらない?
相続争いのことを考えれば?
家族が壊れる!
ならば住宅を売る!
そのお金で老人ホームへ?
児孫のために美田を買わず!
それが一番です。

とはいえ住宅を売るのも大変?
まずは相場を調べましょう。
住んでいる地域によって地価が違う?
また住宅の傷み度合い?
これも売る値段に影響します。

相場より買い叩かれた!
不動産業者も、その住宅を転売しなければ意味がないので、購入コストを如何に抑えるか?
買い手との戦いです。
そういう点からも信頼できる不動産屋を選びましょう。

昨今は不動産チェーンのウェブサイトで相場情報を提供しています。
市区町村単位で検索できるため重宝します。
しかしこれを鵜呑みにしてはいけない?
相場はあくまでも上限!
肝に銘じましょう。

住宅を買った時の価格を意識してはいけません。
元を取ろう!
それは意味のない話です。
デフレが続いていた?
それでも物価は変動します。
経済情勢によって土地の価値も変わる?
これが最も相場を左右します。

買い物の施設や学校が、近からず遠からずの位置にあるか?
主要駅が徒歩圏か?
売る相場を見る際には、自分が買う側ならどうか?
想定しましょう。

ピックアップ記事

■意図的に残像を残してあります。

2016.2.29

ウィークリーマンションって得なの?5つのメリット

2月頭に逮捕された清原和博容疑者の話題はまだまだ収まる事を知りません。2月27日、アサ芸プラスでは清原和博容疑者の次に逮捕される「大物」まで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る