住宅ローン控除で税額が減る

消費税を上げるなら他の税源を減らす?
法人税の減税が謳われていますが、住宅ローンを抱えている人には?
住宅ローン控除が適用されています。

つまり住宅ローンがあると他の消費が減る?
それを避ける意味で、所得税の申告に際して住宅ローン控除と呼ばれる項目を設定し、税負担を軽くしてもらえます。

初年度のみは自分で青色申告などをすべきですが、2年目以降からは所属する会社で住宅ローン控除の手続きを代行してもらえます。
そのため経理課や総務?
契約している社労士さんなどと相談してみましょう。

サラリーマンであれば住宅ローン控除を活用することにより、年末調整でお金がかなり?戻ってきます。
自営業者や複数の収入がある?
自身で確定申告をしていれば、税額が極端に減る?
可能性があります。

もちろん税金を払うことは自尊心につながるため、安易な減税は断る!
勇ましい人もいるでしょうが、将来のための蓄えは重要です。
払う必要のない税金は払わない!
お金をもっと有効な部分に回しましょう。

なお昨今のように給与総額が減っていれば住宅ローン控除でも控除しきれない?
その場合は住民税に充当されます。
とはいえ本当に適用されているのか?
不透明さは否めません。

ピックアップ記事

pixta_17863884_M

2016.1.18

憧れの神戸へお試し引っ越し体験してみませんか?

一度は住んでみたい憧れの街としてよく上げられるのが、神戸や横浜など、古き良き港町で、異国情緒溢れるのにも関わらず、れっきとした政令指定都市と…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る