住宅手当がなくなった理由は

住宅手当?
最近は見聞きしなくなりました。
高度経済成長期、従業員を集めるには?
住宅を確保すべし!
独身者には社員寮が用意されました。
昨今は大学の寮も減った?
ライフスタイルの変化です。

一方で割安な社宅もあった?
こちらも消えかけています。
つまり従業員自身が好みの住宅を選ぶ!
自由になっています。
とはいえ会社近くで住宅を探すと?
家賃が高い!
そこで会社が住宅手当を支給していました。

なお従業員の抱えるジレンマとして?
会社から遠ければ家賃が安い!
しかし通勤に時間と費用がかかる!
逆も真です。

近年は通勤手当でも一定額に制限する会社が増えた?
上限をなくすと?
福島から新幹線で東京のオフィスへ通う!
可能なためです。

経費節減が謳われる現状において?
各種の手当をなくしたい!
経営者の本音です。
そのためよほどの僻地ではない限り?
住宅手当は出ない!
従業員を惹きつける魅力にも欠けるのでしょう。
それよりは実質的な賃金を上げる!
やりがいのある仕事を任せる!
そちらの方が双方にとってメリットになるようです。

ちなみに住宅手当は賃貸住宅のみ?
住宅ローンを抱えている人には適用されない?
これは不公平?
この点も、住宅手当がなくなった理由でしょう。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る