住宅購入時の諸費用は約10%

日用雑貨なら定価がある。
ただしメーカー希望価格?
家電製品から定価が消えて久しくなります。
大きな物ほど購入時の価格がわかりづらい。
そもそも定価はどうやって決まる?

例えば住宅です。
住宅を購入する際に思うのは?
何故この価格なのか?
とはいえ素人にはわからないから?
結局適当に値切って契約をする!
しかし契約書が前に出てくると?
一緒に様々な諸費用が追加されてくる?

昨今は住宅ローンを借りる場合に保証人不要!
多くなりました。
その代わり団体生命に加入する!
もちろん火災保険にも入る!
一方で契約書を作成するのに印紙税!
登録免許税!
そして銀行に支払うローン手数料?
ローン保証料?
諸費用のオンパレード!

このような諸費用をあらかじめ知っておかないと?
契約書を前にしてビビッてしまう?
予算オーバー!
一般的には、住宅購入に関する諸費用は?
提示されている住宅価格の約5?10%!
見積もっておきましょう。

なお住宅購入後も諸費用はプラスされます。
つまり持ち家になれば固定資産税が毎年課されます。
さらに引越し代も馬鹿にならない!
戸建て住宅を購入したなら?
アパートやマンションなどより水道光熱費が高くなりがちです。
こちらも頭の隅に置きましょう。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る