住宅購入時は火災保険と契約

火災保険は火事にだけ使える?
誤解が多いようです。
火災保険は火事の逆?
水害に際しても利用できます。
落雷や風災、雪による損害なども火災保険の基本的な補償内容に含まれます。
契約状況によっては盗難や偶発的な事故?
しかし地震が原因による火災?
これは火災保険の対象外?
ちょっと不満もありますが、とりあえず住宅を購入したなら?
火災保険に入りましょう。

通常は住宅ローンの契約をすると、併せて火災保険の契約が続きます。
もちろん拒絶することも可能です。
一般的には住宅ローンを提供する金融機関と連携した保険会社が出てきます。
自分で懇意にしている保険会社があれば?
そちらの火災保険を選んでも問題ありません。

なお火災保険の支払い方法も多様ですが、一括払いがお得です。
もし途中で住宅を手放すことになったら?
既に払い込んだ分を戻してくれます。
ただし自己申告しなければ保険会社からは言ってこない?
注意しましょう。
違法ではありませんが、こういうことがあるから保険が信用できない?

ちなみに賃貸住宅の場合も、不動産会社で火災保険の契約が行われます。
このケースも別の保険会社にしても良いですが、不動産屋が奨める火災保険の方が割安?
従った方が賢明です。

ピックアップ記事

pixta_7838198_M

2016.2.14

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!

先日、 金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・! という記事の中で、住宅ローンを組んで家を買うなら、狙い目は来月2016年…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る