倉庫について

企業や工場などであれば事務所の他に倉庫を作る必要が出てきますが、倉庫に対してはなるべく経費をかけたくない!などと通常の家屋やビル以上の要求が生じてきます。
基本的に倉庫は人が住むことを前提にしていないので、多少の構造的な妥協は可能でしょうが、平屋なのか2階以上にするのか、また保管する物品は何か?可燃性のものなのか?などによって倉庫の材質を吟味することが大切です。
なお昨今では倉庫の骨材として軽量鉄骨を使うケースが増えているようです。
軽量鉄骨と聞くと耐久性を心配する人がいるでしょうが、軽量鉄骨は特殊な形状をしているので相応の強度があり、最近では大型の倉庫であっても軽量鉄骨は繁用されています。
言い換えると軽量鉄骨はそれ自体が軽いため、建物としての荷重が軽減され、天井が高くても平屋の倉庫であれば、かなりの大きさまで軽量鉄骨のみにて対応できます。
さらに軽量化と同時に簡素化も進み、現場での作業はボルト締めだけなので、軽量鉄骨による倉庫ならば工期も短縮できるメリットがあります。
ちなみに倉庫とは物品を保管する建物を意味していますが、一般住宅の敷地内に設置したものは、大きくても物置と呼ばれます。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る