初期費用って?

imasia_6259505_M

実家にいると、どうしても門限等々の親の監視の目や勝手に決めたルールが鬱陶しいと思ってしまう!
そこで、1人暮らしをしたいなぁとかって考える訳ですが、憧れの1人暮らしには、途轍もない初期費用が掛かるという事を考えずには実行出来ないという事を認識しましょう。

まず、何にお金が掛かるって、1人暮らしの舞台となる部屋を準備する事そのものに多額の経費が掛かるのであります。
確かに、家財道具や日用品については、なけりゃないで何とかなるという考え方を強引に通す事も出来なくはないでしょう。
けれど、部屋がなければ、それこそホームレスになってしまうという事で、話にならないのです。

ではでは、その部屋を借りるための初期費用はいくら位掛かるのかといいますとですね、これが地域や物件を取り扱う不動産会社、それに家主さんの意向などによっても大きく異なるのですが、すくなくとも、借りる部屋の月々の家賃の半年分位は必要になると考えておいた方が無難でしょう。
何故なら、敷金・礼金・仲介手数料・前払いの家賃、これだけですでに家賃の4ヶ月分に達してしまうからなんですねぇ。

しかも、仲介手数料は家賃の1ヶ月分以上取ってはいけないと法律で定められていますが、敷金・礼金については、その上限を規制するものは存在しません。
つまり、家主や管理会社が任意に定める事が出来るのです。

加えて、関西では敷金ではなく保証金として、家賃の額に関係なく、ワンルームでも10万から20万円に定めているところもしばしば!!
というのも、敷金や保証金というのは、退去時に部屋の修繕費に充てられたり、家賃滞納時にその代わりとなるものです。
現在日本の法律では、家賃を2ヶ月滞納すれば、追い出される事になってもしかたがないとされていますから、いかなる場合も損しないようにというしっかり者の関西人らしいシステムと言えるかも知れませんね。

その代わりに、月々の家賃をきちんと支払い、こぎれいに生活していれば、退去時に思いの外まとまったお金が返って来る可能性も低くありません。
ですから、立派な社会人として1人暮らしを始めるにあたって、この初期費用の大部分を占める敷金・保証金の保つ意味というのは、非常に大きいのです。

ピックアップ記事

315181

2016.4.19

住むならここ! 震度5以上の地震の少ない都道府県はどこ?

同じ住むなら、やっぱり地震の少ないところがいい! 先週発生した熊本地震を見て、改めて、そう思われた方は少なくない事でしょう。 されど、地震…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る