収納について

日本の家屋は木造建築が多いとされていますが、これは湿度の高い日本の気候に適した構造とも言われています。
つまり天然素材の方が通気性に優れるため、押入れなどに湿気が篭りにくいからです。
しかし冬物の羽布団を押入れに収納していたら、秋口に出した時カビが生えていた!というケースも多々あるようです。
この原因は木造建築であっても密閉性の高い近年の家屋の場合には湿気が上手く逃げないためと考えられています。
そのため特に羽布団を長期間収納する場合は定期的に空気の入れ替えを兼ねて、物を動かしながら掃除することをお奨めします。
もちろん収納時に乾燥剤や防虫剤の利用は欠かせませんが、臭いがきついものは避けた方が良いようです。
時に布団の収納に際して真空パック状にする方法がありますが、羽布団の場合は羽軸が折れて突き刺さることもあるので気をつけましょう。
また羽布団を痛めないためには、羽布団の上に物を置かないような収納方法を工夫したいので、押し入れなどに収納棚などを設けると良いかもしれません。
なお羽布団は、衣替え時の収納のみならず、日々しまう際にも、細かく折りたたまず、ふんわりと丸めておく、4つ折り程度に止める方が良いとされています。

ピックアップ記事

Puppet with e-mail symbol and handset. Isolated over white

2016.3.25

ならば、固定インターネット回線は要る?要らない?

先日、今更ながらではありますが、固定電話は要る? 要らない?という事で、固定電話の設置に関するアンケート結果をご照会しました。そして、それに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る