営業マンをどこまで信じるか

毎日のように、住宅営業のポスティングがある。
ゴミになるだけ!
しかしたまに読んでみると?
近くで住宅を探している?
とはいえそれは本当か?
住宅営業のチラシに誘われて?
住宅の査定をお願いすることもあるでしょう。
ただしほとんどのケースはがっかり!
心臓の弱い人は、控えた方が無難です。

一方で住宅の営業側から考えれば?
大変な仕事です。
そう簡単に住宅の売買はない?
逆に1件売れたら大儲け?
最近はそうでもないようです。
住宅市場が低迷している?
消費税が安い間に?
軽減税率がある今!
そんな営業文句で頑張るしかないようです。

なお真剣に住宅の売り買いを検討しているなら?
複数の営業マンと相談しましょう。
素人であっても、売る?
買う!となれば真剣勝負です。

一世一代の買い物?
変な住宅を手にしてしまえば?
一生おかしくなる?
稀ではありません。
引っ越したら近所に嫌な人がいた?
営業マンに尋ねておきましょう。
意外な事実を知っているかもしれません。

それでも営業マンをどこまで信じるか?
セールストークに流されて?
こちらの本音を言ってしまう?
逆にお互いが本音を言い合う!
雨降って地固まる!
すべてをさらけ出せば?
営業側も考慮してくれる!
信頼が生まれます。

ピックアップ記事

315181

2016.4.19

住むならここ! 震度5以上の地震の少ない都道府県はどこ?

同じ住むなら、やっぱり地震の少ないところがいい! 先週発生した熊本地震を見て、改めて、そう思われた方は少なくない事でしょう。 されど、地震…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る