圧縮するなら

羽毛布団を使わないシーズンにはどうするのか。
これはしっかりと考えないといけない部分だと思うんですけど、布団の収納って言ったら圧縮ですよね。
圧縮袋に入れて空気を吸い込むとぺったんこになりますので、保管の際、場所をかなり圧縮する事が出来るようになります。
活用している方も多いかと思うのですが、羽毛布団を圧縮する際には少々注意が必要です。
なぜなら、羽毛布団を完全に圧縮してしまうと大変な事になります。
なかなか戻らなくなってしまいますので、そのような事にならないためには、完全に圧縮するのではなくて、ある程度ふんわりさせておくべきです。
ですから、他の布団に比べると圧縮率はあまり高くはありません。
特に劇安の羽毛布団の場合、圧縮してしまうと元に戻らなくなる可能性すらあります。
それでは本末転倒でしょうから、そのような事にならないようにも、圧縮する際にはあくまでも「ふんわり」という点を心掛けておくべきです。
一気に圧縮してしまうとどうしても大変な状況となってしまいます。
羽毛布団といえどもやはり傷ついたり下手ってしまう事だってあるのですから。

ピックアップ記事

pixta_14213312_M

2016.3.18

金利最安だけでない住宅ローンは今が一番美味しい時期!

これまでから、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!とお話しして来た通り、家を買…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る