壁について

技術の発展は利便性や収益性の追求でもあります。
建築分野においては材料を如何に軽く、安価に、かつ加工しやすくするか?限りない挑戦です。
つまり安価にすれば現在より気軽に家を建てたりリフォームできるし、軽くて強度があれば、高層建築も可能です。
そんなニーズから生まれた鋼材として軽量鉄骨が昨今では注目されています。
もちろん木造建築にはそれなりの良さがありますが、リフォーム時などでも強さと手軽さを考えれば軽量鉄骨を使って壁を作ることもにも充分なメリットはあります。
例えば事務所などの仕切り壁に関しても、軽量鉄骨で壁の骨組みを作りボードを貼る!クロスの素材に拘れば一見、後から取り付けた?とは思えないような仕上がりが期待できます。
一方で一般家屋についても大黒柱と称される主要な柱が安定していれば、壁は自在に配置できるでしょう。
ちなみに軽量鉄骨で壁下地を作るメリットとして燃えにくい、軽い、工期が早く済む、さらに筋交いがしっかりしていれば耐震性も優れるなどがあります。
時に入居者の入れ替わりが激しい?雑居ビルやマンションなどでは軽量鉄骨によるパーテーションを工夫すると、経費節減につながりそうです。

ピックアップ記事

pixta_17863884_M

2016.1.18

憧れの神戸へお試し引っ越し体験してみませんか?

一度は住んでみたい憧れの街としてよく上げられるのが、神戸や横浜など、古き良き港町で、異国情緒溢れるのにも関わらず、れっきとした政令指定都市と…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る