外壁塗装の浮きを発見したら

部分的にでも?
外壁塗装が剥れてきた?
膨らんできた?
ボツボツができた?
穴が開いた!
これらを総称して外壁塗装の浮き!
呼ばれることがあります。

浮きの原因は?
もちろん劣化です。
通常の外壁塗装?
新築であっても5年程度で浮きが見られます。
これはある意味では仕方のないことです。
しかし外壁塗装工事の如何や塗料の種類によって?
浮きが現れる期間を遅らせることは可能です。
つまり外壁塗装前に、壁の汚れを綺麗にする!
不純物やカビなどがあれば?
そこが浮きに源になるからです。

一方で塗り斑を無くす!
プロの職人なのでありえない?
思いたいですが?
多々あるでしょう。
当然薄い場所は禿げやすい?
逆に厚い箇所は重力に負けやすい!

なお紫外線や風雨に曝される方角の外壁塗装は浮きやすい!
これも避けられません。
これを防ぐには?
日々汚れを拭き取るなどのメンテナンスに励む!
よしずなどの遮蔽物を置くのも一法です。

ちなみに外壁塗装の浮きを発見したら?
早めに対応しましょう。
既に10年以上経過していれば?
全面的に外壁塗装をやり直す!
ベストの対策です。
小さな浮きであっても?
塞いでおく!
そこから雨粒や埃が侵入すると?
徐々に浮きが大きく広がってしまいます。

ピックアップ記事

pixta_7838198_M

2016.2.14

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!

先日、 金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・! という記事の中で、住宅ローンを組んで家を買うなら、狙い目は来月2016年…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る