女性の1人暮らし

imasia_6385510_M

近年女性は強くなった!とは言いますが、それでも女性の1人暮らしには不安や危険がいっぱいです。
性犯罪やストーカー被害は減る傾向を示してはいません。
もちろん1人暮らしに限らず近隣住民との協力や警察に頼ることも重要ですが、やはり自分の身は自分で守る!という意識が求められます。
基本的に女性の1人暮らし!とわからないような工夫が必要であり、安易に洗濯物を外に干さないことも大切です。
またセキュリティー設備の整ったアパートやマンションを選ぶことも有用ですが、人気のない夜道を無防備で歩いていると、標的にされてしまうので気をつけましょう。
さらにエレベータなど密室状態になる場合には、同乗者に注意しましょう。
なおオートロック式のマンションであっても、誰かと一緒に侵入する「共連れ」のケースもあるので安心してはいけません。
一方1人暮らしの女性が自分で鍵を開けて室内に入る際には、周りに見知らぬ人がいないことを確認しましょう。
当然ですが中古物件の場合は、鍵を交換してもらうことは鉄則です。
前の住人が忍び込んでいるケースも多々あります。
世界的にみて日本は安全な国ではありますが、女性の1人暮らしに注意しすぎはありません。

ピックアップ記事

pixta_3371154_M

2016.1.5

新居探しのベストは1月、正しく今です!

2016年も、早、松が明けようとしています。今年からは社会人1年生とか、大学1年生という事で、新生活に向けての夢と希望に満ちあふれた年始めの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る