家電の購入術

imasia_11139068_M

いざ1人暮らしを始めるとなった際、必要な家電はあれこれ沢山ある事でしょう。
本音を言えば、あれもこれもあった方が便利だし、是非とも欲しいものばかりという事になって来てしまいます。
けれど、実際にはそれだけの家電を置く場所もなければ、買いそろえるだけのお金もない!
これが現実である事が圧倒的多数だと予測されますので、やはり最低限必要なものをまずは決める事が大事になって来ますね。

ではでは、一体全体、最低限必要な家電とはどう言ったものでしょうか?
やはり今の日本の天候事情を考えても、冷蔵庫は快適な生活を維持するだけでなく、健康維持のためにも必要不可欠と言えます。
後、洗濯機も購入し、こまめに自分で自分の下着位は洗う癖を付ける事も大切ですから、これも必需品に入れましょう。

しかし、洗濯機と冷蔵庫については、その大きさと使用期間を考える事もポイントです。
例えば、大学や専門学校への進学のために1人暮らしを始められる方で、卒業後は恐らくまた郷里に帰るのが前提なのであれば、3年ないし4年使えればいい訳ですから、何もあえて高価な新製品を買わずとも、リサイクルショップでこぎれいな商品を探されるのも一つの手ですね。
特に冷蔵庫や洗濯機においては、新品なら本当の一人用の一番小さいサイズしか買えないような予算で、中古品ならファミリーサイズのそこそこ高機能家電が買える可能性は大です。

確かに、1人暮らしにそれほど大きな冷蔵庫や洗濯機は不要なような気もしますが、そこが案外落とし穴で、冷蔵庫や洗濯機は、大きめサイズを余裕を持って使う事で、電気代の節約にも繋がりますし、まとめ買いやまとめて料理を作る、あるいはまとめて選択をするなど、様々な時間と経費の節約にも繋がるのです。
しかも、最近の家電は、大型でも比較的省スペースなものが増え、置き場所については、さほど気にする必要がなくなって来ました。
ですから、こうした目線で新品と中古品の家電を巧みに組み合わせる事も、1人暮らしの家電選びにはそれなりの意味と価値を持って来るのだという事を知っておかれるといいでしょうね。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る