幼児のいる家庭

幼児のいる家庭のお引越しは、引越し先はもちろん、引越しまでの詳細な段取りを考えておく必要があります。
◆子どもの住みやすい環境か
近隣に住む住人の気質までは事前に判りかねる部分ですが、家の前の車通りや、アパートやマンションなら管理者の体制(苦情の調整や子育てへの理解など)、幼稚園や病院までの距離、公園の場所などを調べておくべきです。
◆引越し当日はどうする?
引越し準備は余裕を持ってゆっくり進めるとしても、引越し当日に子どもをどうるすか考えておく必要があります。
引越し当日は、業者さんもトラックも出入りするのでかなり危険。
加えて、幼児によくないハウスダストも多く舞います。
どうせ誰かは子どもについていなければなりませんから、当日は幼児を立ち合わせず、別の場所で過ごすのもひとつの手です。
◆できるだけ早く近隣にご挨拶を
引越しの前か、遅くても引越しの翌日には近隣の家にご挨拶に行きましょう。
子どもの泣き声や足音などが苦手な人も多くいますから、先に小さな子どもがいて迷惑をかけるかもしれないことを伝えておくべきです。
引越しの際にも迷惑をおかけするので、できれば引越し前に伺い、いつ引越しなのか日時も伝えておきましょう。

ピックアップ記事

pixta_17863884_M

2016.1.18

憧れの神戸へお試し引っ越し体験してみませんか?

一度は住んでみたい憧れの街としてよく上げられるのが、神戸や横浜など、古き良き港町で、異国情緒溢れるのにも関わらず、れっきとした政令指定都市と…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る