床構造は?

軽量鉄の場合、床構造はどうなっているのか。
床に関しては普通のものとそうそう変わりません。
「軽量鉄骨」という言葉から、どうしても特別なものなのではないかと感じている人も多いのですが、実際にはそこまでのものではありません。
確かに工法そのものは違うものですが、完成した家屋を見て「これは軽量鉄骨だ」と気付けるような人と言うのはそうそういないのではないでしょうか。
建設業に携わっている人間であれば気付く事が出来るかもしれませんが、一般庶民にとって、見ただけで、そして住んでみても「やっぱり軽量鉄骨は違うな」と感じるシチュエーションというのはそうそうないでしょうね。
直接感じる事が出来ない部分でのメリットは多々あるのですが、暮らしの中で、軽量鉄骨だからこそ得られるメリットを実感するシチュエーションというのはそこまでなかったりします。
床構造にしても、軽量鉄骨であっても他の工法であっても劇的に異なるという事はありません。
ですが、建設する側からすると、軽量鉄骨というのはとても素晴らしいものだとの認識はあるのではないでしょうか。

ピックアップ記事

pixta_16761705_M

2015.11.4

引越しのダンボール

普段はあまり役に立たないものの、引越しの際にその存在感を大いに発揮するものがあります。それはダンボールです。ダンボールは引越しの必需品とも言…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る