建設価格について

軽量鉄骨の最大のメリットは経済性であり、建設価格の安さです。
この理由は、重量鉄骨に比べて使用する鋼材が少なくて済む、また部品が規格化されており工場における生産が可能なため、建築現場における作業工程やロスが少なくて済むという利点があるためです。
では軽量鉄骨を利用した場合、実際の建設価格はどの程度安くなるのでしょうか?具体的には各ハウスメーカーによって軽量鉄骨の規格が異なるので明確な建設価格としての比較は難しいようですが、一般に重量鉄骨と比べた場合、建設価格は2?3割安くなると言われています。
このように軽量鉄骨を使うことにより耐震強度を保ちつつ建設価格を安くすることができるというメリットは一戸建ての個人住宅のみならず、安全なアパートを建てる上でも有効です。
時にマンションとは異なりアパートは家賃が高くなると入居者を見つけるのが難しいので安価な木造建築が求められますが、安全性と経済性の両立を考えると軽量鉄骨の利用に行き着くことも少なくないようです。
さらに軽量鉄骨による建設価格のメリットは工場や倉庫、事務所に店舗などの事業向けでコストを抑えたい場合にも有利に働くようです。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る