必ず契約書を作成しましょう

imasia_5585424_M

大きな買い物をする場合には?
必ず契約書を作成しましょう。
ペーパーレスの時代であっても?
まだまだ契約書が効果を発揮します。
逆に契約書がなければ?
トラブルがあった際に泣き寝入りです。

もちろんその契約書は有効か?
契約書の書式を確認しましょう。
第一に外壁塗装をする会社名、住所と電話番号!
そして代表者名と捺印です。
また外壁塗装の期間!
場所?
具体的な外壁塗装の方法!
どんな塗料を使って何回塗るか?
さらに金額も重要です。

なお外壁塗装費用に関しては?
別途明細書を作成してもらいましょう。
どの作業にいくらかかるのか?
そこで疑問があれば?
逐一尋ねましょう。
説明を面倒がる外壁塗装業者?
一括してサービス!
変なディスカウントをするケースは?
手抜き!
仕事が雑になる可能性が否めません。

信用が一番!
だから契約書は不要です?
そんなパターンもあるでしょうが、それとこれとは話が違います。
何を言われても?
絶対契約書が必要です。
嫌がる業者とは契約しない!
これが鉄則です。

ちなみに外壁塗装でもクーリングオフ制度を活用できますが、自分も判を押したなら?
相応の責任を持つべきです。
騙される側に落ち度はなかったか?
人の振り見て我が振り直せ!です。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る