悪い引越し会社とは

■悪い引越し会社を見極める!

悪い引越し会社に当たってしまうと、正直かなりイライラします。

私も経験があるんですよね。

他社よりも2万円以上安かったので決めましたが、あれはいまだに後悔しています。

でも、今思い返せば、悪い引越し会社だと見抜く材料はたくさんあったんですよね。

◆見積もりに来ない

よほど荷物が少なければ別ですが、だいたいは実際に荷物を見てくれる方が良い会社。

「一度見たいんですけど」と言ってくれない会社は悪い引越し会社の可能性大です。

◆担当が変わると白紙になる

担当者がいなくてもきちんと話ができるのが良い会社。

担当者だけで完結しているような会社は、だいたい実際に作業をする社員・アルバイトまで情報伝達ができていません。

何度か連絡をして、担当者以外の反応をよく見てみることが重要です。

◆書面がゼロ

パンフレットやら契約書やら約款やら、本来はたくさんの書面があって当然。

それが事前にまったく提示されないのは、だいたい悪い会社です。

「サイト見てわかってるんでしょ?」みたいな会社はダメ!
書面の提示があるか、またはそれを上回る説明があるかが重要です。

見積書も雑なものはNGです。

ピックアップ記事

pixta_3371154_M

2016.1.5

新居探しのベストは1月、正しく今です!

2016年も、早、松が明けようとしています。今年からは社会人1年生とか、大学1年生という事で、新生活に向けての夢と希望に満ちあふれた年始めの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る