手入れについて

お布団のお手入れは案外忘れがちであり、衣替え時にドッキリすることも稀ではありませんが、天然素材である羽布団であれば、お手入れは特にしっかりとしたいものです。
汗による湿気や汚れが残った状態で放置すると、カビやダニが繁殖してしまいます。
なお羽布団の基本的なお手入れ方法は、定期的に天日干しすることです。
干す際には、大変ですが、1時間おきに表裏を入れ替えましょう。
そして中身が偏らないように気を配ることも重要ですが、布団を叩きすぎるとダウンが傷むことがあるのでご注意ください。
夏は夕方まで日差しが残っていますが、気温の低下に伴い湿度が上昇するので、午後3時頃には室内に入れ、少し冷ましてから押入れに入れましょう。
その際には、他の布団の上に置くようにしましょう。
もちろん羽布団は弾力性がありますが、羽軸が折れて刺さったりすることが時にあるようです。
一方で汚れが目立つ、または衣替え時はクリーニングに出すか、家庭で洗濯しましょう。
面倒だったり、洗う余裕がない場合であっても、衣替え時に最低数日は天日干しにより乾燥させることが羽布団のお手入れ方法として重要です。
高価な羽布団であれば、お手入れ次第で使い勝手が大きく違います。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る