換気を上手く使って節電する

シックハウス症候群?
新しい殺人ウイルスか?
特に新築住宅などで発症する?
例えば住宅建築時に使用された塗料や接着剤などの化学薬品によって、住人の健康被害が生じるケースです。
初めの間は原因がわからない?
しかし外出していると元気になる?
そこで我が家が発生源?
となるようです。

もちろん有毒物質を用いたことに問題はありますが、案外大切なのは換気です。
暖房効率を高めるために換気をしない!
パターンも見られますが、適宜空気を入れ替える!
通常の呼吸による二酸化炭素濃度の上昇?
温室効果は住宅内でもある!
子どもの学力が伸びない?
換気が悪い可能性も否めません。
言い換えるなら?
換気を上手く調節すれば?
夏はエアコンの利用を抑えて節電できる?
稀ではありません。

一度住宅の換気状態をチェックしてみましょう。
空気の流れはどのようになっている?
各部屋で線香などを焚いてみて、煙がどこへ流れるか?
意外な事実が発覚するかもしれません。

なお昨今は24時間換気システムの住宅がある?
換気扇をただ回すのではなく、空調設備として取り付けるものです。
ただし電気代がかかる?
騒音がある!
心配は尽きません。
気休めにキッチンの換気扇を使う!
とはいえ油汚れも有害です。

ピックアップ記事

DIY

2015.12.17

DIYで気を付けるべき3つのポイント

電動工具メーカー「ブラック・アンド・デッカー」が12月9日に発表したデータによると、およそ3年前に行った調査に比べて女性のDIY実践層が14…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る