暮らすための浄水器

imasia_11983349_M

1人暮らしに浄水器は本当に必要なのかと言えば、昔はみんな、そんなものいらない、いらないと答えたものでした。
けれど、最近のヘルシー志向により、独身OLの方は勿論、男性でも、学生さんでも、浄水器はあった方がいいとお考えになるようです。

実際問題、1人暮らし=集合住宅住まいという事で、どうしても貯水槽の中に溜まった水を飲む事になります。
そのお陰でカルキが沈殿し、臭いがさほど気にならないという利点がある反面で、衛生面や味覚においてはかなり衰えてしまうという難点がありますよね。

そこで、ペットボトルの水をスーパーやコンビニ、あるいはドラッグストアで購入し、飲まれている方も多い事でしょう。
ただ、都度ペットボトル入りの水を買うというのは、何かと面倒で厄介な話!
ゴミも増えます。
ならばいっその事、浄水器を買っちゃえばという事になって来るものと思われますね。

浄水器には、大きく分けて3種類、蛇口直結型・据え置き型・ポット型がありますが、もっとも手軽に感じられるのが蛇口直結型です。
これなら、水道をひねるだけで、いつでも綺麗な水が出て、飲料は勿論、調理にも容易に使えます。
ただし、濾過紙ながら水を出す訳ですから、水道水としての勢いに乏しく、やかんや鍋への貯水に時間が掛かるというデメリットを持ち合わせているんですねぇ。
また、ついつい使わなくていいところまで浄水した水を使ってしまうため、思いのほかフィルターの寿命が短くなってしまう事もあるので要注意!!

その点、ポット型の浄水器なら、使用用途をしっかり定められますから、無駄がないっちゃないでしょう。
という事で、事実、今1人暮らしの方々に一番支持されているのはポット型の浄水器です。
確かに、冷蔵庫に貯蔵しておかなければならないため、邪魔になるという超えもあるにはあるのですが、最近は1リットル位の魂魄となポット型浄水器も多数市販されているので、比較的容易に収納出来ます。
また、浄水した水は、鮮度が命!
なるべく早く使い切る事も大切で、そういう面でも、1リットルから2リットル程度のポット型浄水器はちょうどいいと考えられます。
それこそ、本当に飲料水のみとして使うなら、1リットル、料理にも使うのなら、2リットルというのが目安でしょう。

最後に、浄水器もいいが、今流行のウォーターサーバーも悪くはないですよという事をお伝えしておきましょう。
何故なら、ウォーターサーバーにする事で、浄水器と電気ポットの両方が不要になるからです。
いつでも新鮮な冷たい水と熱いお湯が出て来る魔法の蛇口で、フィルター交換なども不要ですからね、これも美味しい水を飲む一つの方法として考えられてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る