最適な間取り

imasia_6570716_M

1人暮らしの間取りと言えば、多くの方がワンルームを思い浮かべられる事でしょう。
しかし、実際には真のワンルームで1人暮らしをしている人って、思いのほか少なかったりなんかするんですよね。
それこそ、外食が主流の学生ならともかく、社会人になると、大半の方はワンルームに見える1Kや1DK暮らしという事になるようです。

そもそも1DKや2DKなどと表記される間取りの頭の数字の部分は、寝室として使える部屋の数で、水回り部分は一切含まれません。
ようするに、バス・トイレ付きではない民宿の和室やペンションの洋間のようなお部屋の事なんですね。
従って、1Rと表記されるワンルームは、そんな寝室オンリーの賃貸という事になるのです。
それこそ、昔の歌に出て来そうな世界ですよ。

しかし、今はそれでは借り手が付きませんから、少なくとも、キッチンとバス・トイレ位は必須!
となると、それらを寝室の中に設置しなければいけなくなる訳ですが、特にお風呂とトイレは、枕元にボーンとあってもねぇ。
使いたくても使えなくなってしまいます。
そこで、ユニットバスとして脇に独立した形で設置している訳です。

ただし、キッチンは壁際に容易に設置する事が出来ます。
そのため、寝室内に流し台とコンロのみを置いた形、これが典型的ワンルームなのであります。
まあ、それこそ、手の届くところになんでもあって、武将ものには快適なライフスタイルを演出してくれる事でしょう。
ただし、キッチンが家財道具いくつ分かのスペースを占拠する事は否めませんから、どうしても寝たりテレビを見たりする空間が狭くなってしまいます。
また、流し台や小さく、自炊をするのであれば、決して使い勝手がいいとは言えないでしょう。

そのため、寝室とは別にバス・トイレのように、せり出しの形でキッチンを設置するというのが何かと都合良くなって来ます。
そうすれば、寝室もキッチンもそれなりの空間が確保出来るようになるからです。
こうして設計されたお部屋が1Kと呼ばれる間取りで、キッチンと寝室の間に間仕切りがない事が多いですから、一見ワンルームのように見えるのですが、実は実はワンルームではないという仕掛けなんですね。

因みに、キッチンとして認められるスペースは4.5畳までで、それ以上8畳までならDK、ダイニングキッチンとなります。
つまり、そこには椅子とテーブルが置けて、そこで料理を作って食べられるだけのスペースがあるという形ですね。
そして、それとは別に寝室があるというのが1DK!
ここまで来れば、中々快適な1人暮らしが出来ますが、当然家賃もアップします。
という事で、取り敢えず1人暮らしを始める理想の間取りとしては、ワンルームに見える1Kと言ったところでしょうか。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る