望ましい温度は摂氏5度以上

素人があれこれ考えても意味はない!
また噂話に流されても?
結局損をするだけ!
面倒でも専門家の意見を聞く!
これが一番あり、最も近道です。

とはいえ外壁塗装の専門家とは?
外壁塗装の業者です。
それこそ信用できない?
ならば外壁塗装は諦めましょう。
それでも外壁塗装が急務なら?
昔からやっているお店?
訪ねてみましょう。
長く続くのは?
信頼のある証拠です。

例えば外壁塗装で気になるのは?
適した温度があるのか?
冬と夏?
どちらに外壁塗装すべきなのか?
昔ながらの外壁塗装屋なら?
その変遷を知っています。
現状における塗料の優秀さを説明してくれるでしょう。
つまり梅雨時や極寒期を除いて同じこと!
一般的には摂氏5度以上が外壁塗装の望ましい温度です。
ただし温度よりは乾燥に影響する湿度が重要です。

なお温度が低いと粘りが云々?
知ったかぶりもありますが、昨今の塗料はそれらを計算して作られています。
心配ありません。
日本の夏は高温多湿なので、積雪のない地域なら?
冬に外壁塗装すべきです。
職人さんは寒そうですが、太平洋側なら晴天が続く!
外壁塗装日和です。
遠慮しないでお願いしましょう。

ちなみに春や秋は日々の温度が変動しやすい?
好ましくない条件です。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る