木造と防音の違い

軽量鉄骨と木造の住宅を比べた時に、一番驚かされるのは防音なのではないでしょうか。
木造の住宅というのは、正直な話として防音対策は無いに等しいものです。
そもそも木造建築は歴史のあるものなのですが、防音という問題が取り沙汰されるようになったのはまだまだ最近の話ですので、そうした問題に対処出来るものではないのが木造なのです。
それに対し、軽量鉄骨は防音に非常に優れています。
それは、防音という問題もしっかりと見据えて開発されているものだからという事が言えますよね。
防音の問題というのはかつてはそれほど大きな問題ではなかったのですが、個人のプライバシーなどが考慮される時代になった今、非常に大きな問題とも言えます。

中には、素晴らしい物件でも、近隣の声が丸々聞こえてしまうという事でその物件を諦めるという人までいますので、現在の不動産事情に於いて、防音の問題というのは非常に大きな問題だという事が言えるのです。
だからこそ、防音の対策がしっかりとなされている軽量鉄骨というのは、今という時代にあった施工方法という事が言えるのです。
そしてそれは、不動産業界に於いて、その主役を木造から奪ったという事も言えるかもしれませんね。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る