木造について

imasia_8160497_M

日本の家屋は古くから木造が一般的ですが、近年はエコブームもあり、木造建築が特に注目されています。
もちろん木は燃えやすく火事になると心配ということで、強度を求めて軽量鉄骨や鉄筋コンクリートを使用した住宅やアパートも増えていますが、木造住宅は軽量鉄骨を利用した家屋よりも多くのメリットがあるようです。
例えば火事に際しては、木造は全焼しやすいと考えがちですが、木の柱は案外火に強く、骨組みが崩れることは少ないようです。
逆に軽量鉄骨など鉄材は熱を伝えやすいという特徴から、高熱になりやすく一瞬にして融けてしまい家が崩れてしまう危険があるようです。
次に地震が多い日本では耐震性を心配しますが、軽量鉄骨は筋交(すじかい)を入れるので柔軟性があり安心です。
一方で木造建築も柱をしっかり立てていれば、耐震性に問題はありません。
また軽量鉄骨などで骨組みを作ると、リフォームに際して柱を取り除くことができず自由が利かないようですが、木造の場合は柱の付け替えが比較的簡単にできるようです。
なお日本のように季節変化が激しく、雪や雨が多い気候では、軽量鉄骨は錆びて脆くなりやすいという指摘がありますが、家の強度は壁の素材が左右する?とも言われています。

ピックアップ記事

pixta_14213312_M

2016.3.18

金利最安だけでない住宅ローンは今が一番美味しい時期!

これまでから、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!とお話しして来た通り、家を買…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る